子供の資質や可能性と教育費の使い方

今の日本の社会では、教育がある程度与えられないと、それなりのレベルの生活しかできなくなるという傾向があります。仕事をしても大卒と高卒以下の人たちでは給与体系や会社の中での出世なども違ってきます。退職金などまで影響を受けるということで、ますます見えない階級差の中で生きていくことになります。表面上はないことになっていますが、現実に生活をしていると、あらゆるところで、その差を感じます。資本主義は能力次第の社会なので当然ですが、その能力があるのに親の経済力や地位などで生かしきれないという場合もあり、本当の平等とは程遠いという状況もあります。子供にしても早咲きの子供の方が遅咲きの才能の子供よりも有利です。良くも悪くも日本の社会がそうなっているので、その点をよく理解して、親が教育に関して工夫していくしかありません。とくに教育費の使い方としても、資金に限りがあるので、上手く工夫して活用する必要があります。

最新記事