教育費の準備と家計のバランスや家族の絆

最近の話題としては、ひとりの子供を育てるのに必要な資金の多さがあります。教育を施し、生活をさせなければいけないので、どうしてもそのための資金が必要になります。家族の場合、教育だけ支出をしていればよいということでもないので、他の生活に必要な支出を考えながら、教育費も準備をして支出していかなくてはなりません。それもかなりの額が必要になるということです。また先行投資という面もあり、支出がすぐに結果として、戻ってくるという性格の資金でもありません。あくまでも子供の将来のための準備の資金です。そこには家族の絆や子供を大切にするという情的な面もあります。今の社会で生きていくために必要な学歴や学力という面もあります。最終的に子供が経済的にも社会的にも成功して親を養ってくれる可能性はありますが、親としては、それを目的にはしていません。家族としての愛情や使命感、責任において教育を子供に与えるということになります。それが親でもあります。

最新記事